衝突被害軽減ブレーキ

エコカー減税の一種のASV減税の恩典を受けるためには、対象車両であることも必要ですが、その機能として合わせて衝突被害軽減ブレーキを導入していることが条件になります。これが設置されていないと、書類の段階で手続きが通らなくなってしまうので、きっちりと条件に合致するか確認しておくようにしてください。

 

また、書類上の手続きで、実際にブレーキが設置されていたとしても、説明が不十分になってしまうと、減税の対象にならないことがあります。このあたりの条件については、よく減税の対象者がどのような車なのか、ということを確認しておくようにすれば、無駄がなく、安心して手続きを進めることが出来ます。なるべくこのあたりの手続きで、余計な負担が発生してしまわないようにすることで、安心して任せることができます。

 
減税措置に該当するかどうか、ということは、よく確認していないとミスにつながることになるので、事前に情報をチェックしておくようにすれば無駄をなくして安心することができます。ブレーキは交通事故を減らすという観点から非常に優れた装置なので、今後、さらに広がっていくことの一つということがいえるのではないでしょうか。