対象となる車両

ASV減税の対象となる車両は、総重量22トンを超えるトラックや、総車両重量5トンを超えるバスなどで、一般の人にはあまり関係がない車両が対象となっています。ただし、このような車両は高額であり、税金も大きな金額になるので、ASV減税の対象になるかどうか、ということは、金額的に見てもかなり大きな差があります。

 
具体的には対象となる車は350万円の税率の控除が約束されているので、企業などで導入するときには、かなりの経費の節約になります。おおよそ新卒者の正社員の一人分の人件費の節約になるといえるのではないでしょうか。そのような大きな金額だからこそ、きっちりと条件を確認しておかないと、不利益を被る可能性があります。手続き上の書類の不備などがないか、なども合わせてチェックしておくようにすると、安心できます。

 

ASV減税について、余計な不安やミスが発生してしまわないように、事前にきっちりと条件を確認しておくと、安心できることも増えてくるのではないでしょうか。ASV減税について、まだあまり知られてないということもあるので、ぜひ、大型のトラックやバスを購入するときには、事前に金額的に不利益を被らないように確認してみてください。